モデルの美容法&ダイエット法

人気モデルが実践するダイエット法・美脚法・美容法など人気モデル別ダイエット情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

泉里香のダイエット・トレーニング

泉里香のダイエット・トレーニング

努力して現在の身体を手に入れた泉里香さん!彼女のダイエット法や運動法、スタイルキープの秘訣とは?作成2016年 更新2020/3/7

 

泉里香さんのダイエット法 美しい筋肉の作り方2019

 

筋肉がつきやすく、形が難しいふくらはぎは気になる。お風呂で足首を回して調整。少しガニ股で歩くように意識し、内股にならないようにしている。

 

少しむくんでいる方が肌にハリが出ると思うので、1日2Lくらい常温の水を飲むのが習慣。毎日入るお風呂では、CO2を飲んで血行をアップさせたいので炭酸水を飲む。炭酸浴も好きで、入浴剤のきき湯 ファインヒート スマートモデルも定番。お風呂の中では前屈を、お風呂上りは開脚をする。

泉里香さんと同じきき湯を愛用している芸能人は、壇蜜・三浦理恵子・トリンドル玲奈・加藤あいさんなど。

 

朝晩ブラとショーツだけになり、鏡で全身チェックするのが日課。ウエストと下腹がふくよかになっていると感じたら、SOSのサイン。食事を調整して、ワークアウトを強化する。ノルマはお風呂に入る前に、腹筋ローラーとスクワットを最低30回する。

泉里香さん以外に鏡で全身チェックする女優は、長澤まさみ・橋本マナミ・佐野ひなこ・賀来千香子・モデル比留川游・宮田聡子さんなど多数。
体重は重視しない人が多く、見た目重視。毎日体を確認することで変化に早く気づき、少しの努力でシェイプアップできる。

 

「ストレスを溜めないことが、体型維持にとても大事。どうしてもストレスが溜まるとたくさん食べてしまいがち。スタイルキープのためにも休日は大事。

※口さびしくて食べてしまうタイプの人は、暇な時間を減らすことが大事。毎日忙しいと食べ物のことを考える時間が減る。

 

「大事な撮影の1か月前から筋トレを強化。お風呂での発汗やカロリーコントロール、ビタミン摂取など、アスリート並みに自分を追い込む。それ以外の時期は継続できるささいなことばかり。運動も食事制限もハードすぎるとだめ

※スタイル抜群でモデルもこなす内田理央さんも「水着撮影の3日前からウエストのくびれ作りを強化する。それ以外は性格的にハードなことはできない。毎日続けられることをする。」と語っている。

 

 

 

泉里香のダイエット法 スタイル抜群2017・2016

 

「夜に食べると太るので、基本的には夜7時には食事を終える。1駅分くらいはウォーキングする。運動はウォーキングやジム、エレベーターに乗らないで階段を使うようにしたり、少しずつ運動する生活水分はしっかり摂るタイプ。お茶が好きで、数種類コレクションしている。小腹が空いた時は大好きなお茶を飲んで、空腹を紛らわせる

 

家では腹筋ローラーでトレーニング。腹筋ローラーを10回×3セットくらいゴロゴロするのが日課代官山のe-stretchに週1・2回通って、武田敏希さんのパーソナルトレーニングを受ける。ストレッチは毎日欠かさない。筋肉を柔らかく保つことで、しなやかな身体のラインをキープする。

泉里香さんのようにストレッチを重要視している女優は、綾瀬はるか・柴咲コウ・檀れい・大地真央・長澤まさみ・桐谷美玲・武井咲・本田翼・岸本セシル・モデル比留川游さんなど多数。

 

パーソナルトレーニング以外は、すき間の時間を利用したボディメンテナンスのみ。歯磨き中やドライヤーをしている間などは、片足スクワット。数十秒でも片足ですると効果的なトレーニングになる。タクシーは使わずなるべく歩いたり、少しずつでも続けていればかなりの運動量になる。

 

ここ2~3年で数㎏やせた28歳の今はもう痩せやすい年齢ではない。でも規則正しい生活やトレーニングの積み重ねのおかげ。食事バランスは考えるが、3食しっかり食べているのでストレスもない太る、痩せるはいかに食事制限するかで決まるわけではないと、改めて実感している。

※日常生活でこまめに家事をしたり、あまり座らず動くという人は結局痩せている。座る時間が長い人は太ってるか、筋肉が少なすぎる人が多い。健康にも悪く、座り過ぎは良いことなし。

 

「20代前半は顔は丸く、身体も今よりずっとお肉がついていた。だからあの頃は周りのモデルが、細くて背が高くスタイル抜群の人が多かったので、コンプレックスの塊だった。結局食べないダイエットをしたが、食べても食べなくても変わらなかった。ダイエットもたくさん試して失敗していたが、パーソナルトレーナーの武田敏希さんに出会い、運動の大切さを実感約2年半運動を続けて痩せた。今は週に1・2回ジムでトレーニング。

 

お風呂の入り方は反復浴「湯船につかる→洗髪&トリートメント→湯船→トリートメントを流す→湯船→体を洗う」が一連の流れ。反復浴は脂肪燃焼効果も高い

 

「撮影前夜はお腹が空いたら、プロテインを飲む。プロテインは欠かせない。トレーニング後はもちろん、タンパク質が足りない時も飲む。私の美容食であり、身体作りには欠かせない。

 

「20代前半にダイエットでたくさん失敗した。だから一気に痩せるというようなダイエットは信じない。ボディメンテナンスは、コツコツするのが一番効く。そのかわり過激なことはしなくていい。

 

グラビア撮影の時は毎日ジムに行き、締める部分は締めて、ふくよかな丸みを活かしたボディにする。食事制限はあまりしない。スタイルブックを出した時はボクサーのように、サラダと鶏ササミを多く食べるような食生活をして、身体のラインを絞った。

 

2016年はトレーニングで理想の腹筋になれたので、2017年はヒップトレーニングに力を入れる。30歳を最高潮で迎えるために、25才で自己分析を終えた。何をすべきか逆算して、歯列矯正をしたり、ジムに通い始めたりした。撮影やオーディション前日にはミッシーボーテのエステに行く。目鼻立ちがはっきりし、メリハリあるボディラインになる。

泉里香さんが通うミッシーボーテは、藤原紀香さん御用達で有名になったカリスマエステティシャンの高橋ミカさんのサロン↓↓

 

3年間ジムでトレーニングを続けている。週1回1時間太りづらくなった。特に腹筋とお尻を鍛えるのが好き。ダイエットしすぎず、お腹など必要な部分だけ締まっている体が理想的。筋肉と脂肪のバランスにこだわっている。丸みのある身体は女性だけの特権。トレーニングは腹筋だけでなく、贅肉のつきやすい背筋も大事

 

忙しくてもお風呂には30分以上浸かる。代謝を促す。スタイルをキープするために、筋トレは大事。

 

 


最新情報→泉里香の美容法&ダイエット法TOP

【合わせて読みたい人気記事】
泉里香さん愛用スペシャルケアコスメ
泉里香さんの愛用ボディケアコスメ
比留川游さんの美容法&ダイエット法

スタイル抜群の泉里香さんコメント「何か目標があればただ待つのではなく、結果を出さないと気が済まない。負けず嫌いだから手を抜きたくない。」

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

«