モデルの美容法&ダイエット法

人気モデルが実践するダイエット法・美脚法・美容法など人気モデル別ダイエット情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

市川紗椰の美容法&ダイエット法

超美白肌の人気モデル 市川紗椰さんがテレビや雑誌などでコメントした、美容法・美肌美白法・健康法・アンチエイジング法・食事法・ダイエット法・愛用スキンケアコスメ(化粧品)・ボディケア法など、市川紗椰さんの美容情報満載。



プロフィール 市川紗椰(いちかわさや モデル・タレント) 1987年2月14日生 日本生まれアメリカ育ち A型 身長169cm コロンビア大学を休学し、早稲田大学卒
父親がアメリカ人で母親が日本人 好きなものは鉄道(音鉄)・相撲・ハンバーグ・アニメ 肌の美しさと透き通るような白さは圧倒的で、抜群のスタイル





お薦め抗酸化アイテム

市川紗椰さんも愛用
「サプリは腸に良いと聞けば色々試してみる。 時々腸のお助けサプリとしてメタバイオ 生酵母サプリを飲む。」



糖質,脂質が気になる方のナチュラル発酵ダイエットサポート[MetaBioメタバイオ-生酵母,生酵素,生麹]

「生きている酵母菌」や「生きている酵素」だからこそ体内で働く。




このエントリーをはてなブックマークに追加

市川紗椰の美容法&ダイエット法

市川紗椰の愛用スキンケアコスメ・ボディケアコスメ

 

2015年

 

肌が乾燥している時はカガエの化粧水とオイルを使う。和漢植物由来の肌に優しい化粧水 カガエ ローションをたっぷり含ませたコットンで、肌を持ち上げるように優しくパッティング。カガエ マッサージ オイル ウォーターは、化粧水に混ぜてボディケアに使うこともある。
肌の疲れを感じた時はパワフルで肌に優しいニリヤの化粧水と乳液を使う。
ニリヤ エッセンス ローションとニリヤ ビューティミルクは、和漢植物エキスが肌をイキイキさせるので、撮影が何本も重なる日は特に欠かせない。
肌の調子を上げたい日はsu:m37のスキンケアで一気に肌をふっくらさせる。su:m37° 1102 エクストレーム ローションsu:m37° 1102 エクストレーム ローション・su:m37 1102 エクストレーム クリームは、新芽の発酵成分を配合したシリーズ。水分と脂分のバランスが整う。

 

クリニーク モイスチャー サージ オーバーナイトマスク オールスキンタイプは、スキンケアの最後に塗って、一晩寝ると翌朝全然違う。みずみずしい肌になる。大好き。

市川紗椰さん愛用スキンケアコスメ クリニーク モイスチャーサージ オーバーナイトマスク


クリニーク モイスチャー サージ オーバーナイトマスク

スキンケアの最後にたっぷりとなじませ、そのまま眠るだけ。睡眠中の肌にたっぷりの潤いを補給し、目には見えない潤いのベールで肌をマスク。
しずくのように透明感と輝きにあふれる肌へ。

 

むくみがひどい時は、即効性のあるポールシェリー リンパハーバルオイルでリンパを刺激しながらマッサージ。ハーブの香りに癒されながらケアできるのでお気に入り。むくみを和らげてスッキリさせてくれるから、翌朝ほっそり。余分な脂肪のケア時はロクシタン アーモンド サプルスキンオイル。ウエストに腸もみをしながら塗って、くびれを強調する。太ももも流しながらマッサージ。ボディのハリツヤアップもためにも愛用。

市川紗椰さん愛用ボディケアコスメ ロクシタン アーモンド サプルスキンオイル


ロクシタン アーモンド サプルスキンオイル

 脚を中心に肌を引き締め、ツヤやかに仕上げるオイル。

 

ボディケアコスメはたっぷり惜しみなく使いたいからプチブラコスメが定番。EO ボディオイル フレンチラベンダーとナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)を愛用。

 

入浴剤は6種類くらいを気分と体調で使い分けている。汗をかきたい時はポードペシェ バスパウダーを愛用。めちゃくちゃ汗がでて身体が劇的に温まる、ぽかぽか入浴剤。

 

チャームポイントはデコルテ。スキンケアに気を付けていて、白さと鎖骨の出具合が気に入っている。

 

ボディケアのこだわりはローションとオイルの2ステップを踏む。お風呂上がりにタオルで水滴を軽く拭き取り、化粧水を手で全身に馴染ませる。その後オイルを全身に塗り、潤いを肌に閉じ込める。ケチらないことがポイント。

 

 


【合わせて読みたい人気記事】

肌荒れとは無縁のナチュラル美肌のヨンアさんが絶賛するコスメや美顔器情報満載!

あの道端ジェシカさん愛用で大反響だった頭皮のアンチエイジングシャンプー使用感想!

 

 

市川紗椰の愛用ヘアケアコスメ・ヘアケア法

 

2015年 市川紗椰のヘアケア法

 

毎晩ココナッツオイルを髪につけ、朝に洗い流す。髪のきれいな友達に教えてもらったが、艶がでてまとまりやすくなる。

 

 

2014・2013年 市川紗椰さんきれい情報

 

2014年

 

サプリやグッズは気になるものは試すし、特に腸に関するアイテムには目がない。
サプリはi-Herbというサイトで探すことが多い。GREENS FLUSHという、こぼうの栄養素を含むエキスを朝晩飲むと身体が軽くスッキリする。腸をクレーンにする効果があるそう。胃酸や熱で壊れないプロバイオティックス(腸内有益菌) Jarrow Formulasは、整腸作用大。
消化を促すミントティーは重たい食事の後に愛飲。オーガニックのパッカハーブス スリーミント 有機ハーブティーを飲むことが多い。天然栄養サプリ ユーグレナは不要なものを体外に排出してくれる。スーパーミドリムシは無添加なので安心。
植物発酵エキス ロッツ・エスオーディーと乳酸菌を増やすレイ デトックスエキスは今、お試し中。

 

月1回、KELLY AOYAMAのヘッド&フェイス95分コースに通う。頭皮がふかふかになって、フェイスラインも上向きになる。

 

髪をしっとりまとめてくれるAVEDA ドライレメディ モイスチュアシャンプーAVEDA ドライレメディ モイスチュア コンディショナーを愛用。時間が経ってもベタつかないし、アロマの香りも好き。

 

美髪キープのためにりんご酢と水を混ぜて頭皮になじませ、半身浴をしながら頭皮マッサージ。そのあとにシャンプーすると髪にツヤとボリュームが復活する。

 

髪の毛はヘアブラシできちんととかすより、ルーズなニュアンスが出せるので手ぐしでとかす。

 

発酵食品にハマッていて、腸に良い菌を積極的に食べる。納豆は塩麹やフラックスシードオイル、オリーブオイルなどの、腸に良いものをプラスして食べることが多い。生味噌、しょうゆ、お漬物は手作りする。酵素も手作り。
旬の野菜とフルーツを細かく切って白砂糖と層になるように重ねるだけで良い。毎日手でかきまわすので自分の常在菌が入り、自分に合った酵素ができる。

 

撮影現場では持参するグリーンスムージーをゆっくり飲む。寒い時はショウガ湯と交互に。お腹が空いたらおにぎりをプラス。具は抗酸化作用のある鮭かクエン酸を含む梅干しを選択。
最近のブームはトマトのぬか漬け。ぬか床を持っていて、味噌とヨーグルトを半々に混ぜて漬けたりと色々する。

 

デコルテはもちろん、ボディも顔用のプチプラ化粧水を使う。化粧水後にボディクリームをつけるとふっくら肌になる。専科 保湿クリームからつくった化粧水やマンダム バリアリペア ベビーモイストローションなどを愛用。

 

自律神経が整うのか、リラックスできるので金魚運動器を愛用。便秘が解消した人もいてお薦め。

 

湯船の中で酵素やオイルを塗って、パナソニック 頭皮エステでマッサージする。顔色が良くなり透明感が出て表情が柔らかになる。血行が良くなって汗もたっぷり。

 

トレイルランニングや登山など、楽しみながらできるスポーツが趣味。溜めこまないためにも運動は大事。運動していても体内循環が滞っていると感じたら、すぐにリンパマッサージに行く。時間があればジムに行き、有酸素運動をメインにマシーントレーニングもする。家ではクロロフィル水や水などを、1L飲みながら半身浴をする。

 

食べることが大好きなので、夜は好きなものを食べる。その代わり食全体を1週間ベースで考えて、前半は肉が多かったから魚を入れようとか、栄養と量のバランスを管理する。朝はグリーンスムージーが食事代わり。長く続けていて、そのおかげか特別食事制限をしなくても体型維持ができている。

 

入浴後は背中も含めて全身に、化粧水をつけてから乳液やオイルで保湿する。加えて週1で角質ケアもする。スキンケア以外にスムージーを始めてから背中を褒められるようになった。やっぱり内からのケアが大事。

 

入浴後、まだ身体が濡れているうちにリンパマッサージをしながらオイルを塗る。今はアルガンオイルがマイブーム。ボディクリームの時はプチブラの化粧水とセットで使う。

 

朝イチは白湯を飲む。朝晩の空腹時は気になる健康ドリンク類を試す時間。今はゴボウエキス。

 

首筋のリンパマッサージや入念な日焼け対策はもちろん、化粧水を浸透させる時はデコルテまでして、しっかりオイルでもマッサージする。
日頃から身体も顔と同じケアを心がけ、白肌をキープするためには首から上だけのケアでは足りない。
メディケア目黒店でリンパマッサージを受ける。
リンパマッサージを受ける気力がないほど疲れている時は、KELLY AOYAMAでヘッドスパをして、頭をデトックス。自宅で腸もみもすれば身体が軽くなる。
ハードすぎずリラックス効果もあるリンパマッサージを受けたい時は、デトックス スパ ダマイのデトックス燃焼トリートメントを受ける。本格的なリンパマッサージを受けたい時はメディケア五反田。

 

身体に良いと思うと何でも美味しく食べられる性格。例えばネギが入っていれば、冷えに効くと思いながら食べる。体調の調整を主な目的に週に1回、こんにゃくや野菜中心の腸に良い食材で作ったスープだけのデトックスデーを設けている。

 

 

2013年

 

朝はレモン入りの白湯で身体と胃をゆっくり起こして、そのあと腸を綺麗にするユーグレナのサプリを摂取する。グリーンスムージーは撮影現場にも持参。胃に負担をかけないように液体朝食で身体を鳴らす。グリーンスムージーを飲みきって、さらに空腹なら固形物も摂取する。

 

身体が弱っている時はオクラと梅干しのスープを作る。オクラのネバネバと梅干しが食欲をアップしてくれるうえ、梅干しが唾液を出してくれるので、消化にも優しい。オクラの代わりに大根おろしを使ったりもする。自炊の時は野菜中心の食事。外食では好きなものを食べる。焼き肉も揚げものも好き。

 

仕事場で食事をする時は品目は選べない。だから食べる順番に気をつける。発酵系のものや生ものを先に、次に肉と炭水化物を取る。
よく噛んで食べる。夜、外食が続く時は先に野菜を食べてから出かける。

 

スムージーやスープ作りにバイタミックス(土台赤)を愛用。固い芯や皮、種まで強力に粉砕してくれる。ファスティングジュースにはグリーンスタージューサーを愛用。ファスティングジュースは絞って作るので、食物繊維などは除去された状態のもの。
そのためジューサーの方が消化が早く、胃が重い時はスムージーよりファスティングジュースの方が良い。

 

グリーンスムージーは葉野菜を1種類、フルーツを2種類くらいを体調に合わせて選ぶ。お酒を飲みすぎた翌朝は利尿作用の高い野菜を、身体が重いと感じる時はかんきつ類を多めにする。お気に入りの食材はパセリ。味も好きだが、栄養価が高い。フルーツは旬のものにすれば飽きない。