モデルの美容法&ダイエット法

人気モデルが実践するダイエット法・美脚法・美容法など人気モデル別ダイエット情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

2014・2013年にご紹介したモデル 森絵梨佳さんきれい情報

2014・2013年にご紹介したモデル 森絵梨佳さんきれい情報

 

2014年

 

エスティローダー サイバーホワイト HD アドバンス ブライトニング モイスチャークリームは、べたつかないので朝でも使えるクリーム。

 

週1でTHREE ジェントル ナリッシングスクラブを愛用。粒子の細かいホホバビーズ入りだから、肌当たりも優しく、つるんとしたもっちり肌になる。

 

体型維持のために地道に走ったり、体を温めたりする。継続は力なりで、2年前からランニングを始めて、代謝がアップした。今は5kmのコースを週2回ほど。ストイックになりすぎず、自分のペースで楽しむ。

 

動きが激しくないヨガが私には合っている。身体が徐々に柔らかくなり、半身浴でもたっぷり発汗できるようになった。特にホットヨガのデトックス効果はすごい。身体の巡りが良くなり、肌がつるつるになった。運動が好きになり、今は週3でランニングをしている。

 

太らない様に毎食、満腹になるまで食べない。運動はランニングをする。2週間に一度のペースで、休みの日は朝からホットヨガに通うのが習慣。汗をたっぷりかいたあとは、スキンケアをきちんとする。

 

ドライヤーの前後にオイルを薄くなじませると、パサつきやすい毛先が指通りの良い髪になる。ブラシはメイソンピアソンのジュニアミックスを愛用。溶かすだけで髪がツヤツヤになる。毛先から上に向かって、からまりをとくようにブラッシング。

森絵梨佳さん愛用ヘアケアアイテムメイソンピアソン

鈴木えみさんも愛用


メイソンピアソン

ヘアブラシ界のロールスロイスと称される、ロンドン製ハンドメイドヘアブラシ。髪をさっととかすだけで、頭皮に心地よい刺激があり、ブラッシング後の髪は驚くほど手触りサラサラに。プロのスタイリストや藤井リナさんなどモデル、タレントの愛用者も非常に多い。

 

ランニング前にクラランス トータルリフト マンスールEXを塗る。脚・太もも・お腹周りにたっぷりと。1~2週間に一度、脚をメインにタカミスキンピールボディを愛用。塗った直後から感じる、ツルツル感がやみつきに。

タカミスキンピール ボディ


タカミスキンピールボディ[ボディ用角質ケアゲル]

角質ケアと同時に、透明感やうるおいまで与えるオールインワン処方。塗るだけの手軽さで、二の腕のザラつきやワキの下の黒ずみなど手ごわい悩みにもアプローチ。やわらかさやツルスベ感など、今までとは違う肌質を実感。

 

髪型は昔から重めが好き。顔周りや毛先にニュアンスが出るようにカットしてもらう。ヘアカラーは今は透明感の出る紫ベースのブラウン。トリートメントも含めて、カラーは月1~2回ペース。

 

月1回はヘアサロンでトリートメントをし、毎日のシャンプーとコンディショナーも丁寧を行う。

 

メイク下地は欠かさない。つけるとつけないとでは、仕上がりの美しさが全然違う。

 

クレンジングは肌をこすらないように、優しくなじませることが大切。スキンケアは、手のひらでゆっくりプレスして体温で温めることで、肌に成分を浸透させる。質感がもっちもちになる。一通りケアしたあとは、乾燥が気になる日はクリームを伸ばしながら、軽くマッサージ。

 

お手入れはシンプル。特別なケアをするより、手順を丁寧に行うのがコツ。朝は自分の肌に触れてその日の肌の調子を見る。湿気が多い日は鼻や頬のあたりがややオイリー。その場合は洗顔料を使って、余計な脂を洗い流すのが正解。逆に肌が乾燥している時は水のみで洗顔。

 

化粧水・美容液・クリームの順にマッサージをしながら、丁寧に入れ込む。皮膚をひっぱらないように、力を入れ過ぎず骨に沿って指を軽く滑らせるのがポイント。美容液や化粧水は、手のひらでプレスするように押し込む。手にとる分量は1回につき10円玉くらい。肌が手にもちっと吸いつくようになるまで、肌の調子に合わせて3~5回ほど繰り返す。首も一緒にケアする。

 

寝る前にリップクリームを塗って、指で優しく唇をプレスする。翌朝はパックをしたような、ぷるぷるリップになる。日々の習慣で注意しているのは、たるみ予防。携帯を見るときに長時間下を向いていると頬がたるむので、できるだけ上を向くように意識する。

 

秋・冬の乾燥する季節はしっとりしたとろみのある化粧水に変え、オイル美容液もプラス。それでも乾燥する時はクリームを厚めに塗る。

 

汚れをしっかり落とすことと、肌が満足するまでたっぷり潤いを与えることの2点がお手入れのこだわり。特に忙しい朝こそ丁寧にスキンケアをする。朝は弾力泡になるまで洗顔料を泡だてて、皮脂の多いTゾーンから洗う。その後は角質にもう入らないくらいまで、化粧水をたっぷり浸透させる。

 

夕方になるとむくんでくるので、ローラーでフェイスラインや脚をコロコロマッサージすると、即効性がある。

 

美肌のために、朝は酵素を摂取したいから、フルーツか野菜が基本。撮影前に時間がある時は、スキンケアの最後に朝マスクをする。

 

ボディケアは保湿が命。潤うけどベタつかない、さらっとしたクリームが好き。かかとやひじはマストだが、他は肌の状態によって、何も塗らずに調整することもある。

 

ハマっているのは資生堂 クレドポーボーテ クレーム プロテクション UVをメイクの下地として使うこと。

 

ローラメルシエ ルースセッティングパウダー トランスルーセントは、ふわふわのきめ細かな肌になれる、仕上げのお粉。シャネル ル ブラン メークアップベース 40はほんのりパープルの下地で、すごく透明感が出る。

 

大人な色気を演出したい時に、ベストなヌードベージュのオーブクチュール エッセンスプレミアムルージュBE873を愛用。保湿力が高いので、リップクリームなしでも使えて、外出先の化粧直しに便利。

 

美容食はお味噌汁。発酵食品で腸内健康をキープする。ヨーグルトもよく食べる。他には納豆やグレープフルーツ。

 

日課はご飯を作ること。身体のために、朝はパンではなくおにぎり。甘いものはスイーツではなくフルーツ。温野菜ではなく生野菜。夕食は炭水化物は抜きで、ハラミなどのお肉を食べたりする。

 

外食する時は焼き肉が多い。たまにはお肉も食べた方が肌にも良いと思う。

 

内側からのケアがすごく大切。冷たい飲み物は避けたり、食べる順番も温かいものや野菜を先に食べる。ちょっとした努力を続けていると調子が良いし、身体も軽くなった。

 

ぐっすり眠るためにぬるま湯に浸かる。入浴剤は優しい香りが好き。疲れた時はとにかくよく眠る。撮影の合間でも寝る。

 

朝も夜も、日々欠かさないのがフェイスマッサージ。あご下から耳裏を通って鎖骨へ流したり、耳をくるくる回したり、むくみやすい目元は手のひらでプッシュしたり。軽く行うだけで顔がスッキリ。

 

お風呂上がりに保湿する時は寝転がり、脚を上げて上から下へリンパを流すようにマッサージする。最後に脚をバタバタさせて、血の巡りを良くしてあげると翌日のむくみ予防になる。

 

 

2013年

 

忙しいのにいつも肌の調子が良いとメイクさんに褒められるのは、5本以上リピートしている薬用 雪肌精の化粧水のおかげ。使うたびに肌に透明感が出て、トラブル知らずだから欠かせない存在。肌に吸いつく感じが気持ちいいから化粧水は手でつける。

 

ベッドに入るのはだいたい夜12時前後。睡眠時間は6時間以上。美容のために野菜果物学の勉強をして、ベジフルビューティー資格を取得した。

 

朝は皮脂を取り過ぎないように、Tゾーンのみをもこもこ泡で洗顔する。洗顔ネットを使って泡をもこもこにする。

 

バランスボールに乗り、テレビを見る。

 

リンパマッサージで肌のトーンをアップさせる。エラの下やデコルテなどは、リンパの排水口なのでそこを重点的にマッサージ。血行が良くなり顔色が良くなる。どんなに疲れていてもむくみにくくなった。

 

お風呂上がりに顔に化粧水をつけたら、髪をドライヤーで乾かす。髪にとって濡れている状態が一番だめ。

 

 


最新情報 人気モデル森絵梨佳の美容法&ダイエット法TOPはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

»